トリキュラー28のせいで不妊になるの?

トリキュラー28は黄体ホルモンと卵胞ホルモンによって避妊を有効にする薬です。
排卵を抑えて着床できないようにし、子宮頚管から精子が通過できないように阻害します。
重要な注意として喫煙をしないことが大切です。
この薬を服用している間に喫煙することによって血栓症という血管が詰まる症状が出てしまうことがあるからです。
この薬には休薬期間用のプラセボが入っています。
プラセボにはホルモンは入っておらず、薬を休む間に日付を間違えないようにするために用意されてるものです。
トリキュラー28の場合はプラセボだけ少し大きめに作られていますのでわかりやすいです。
成分 レボノルゲストレルは少量の黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されていて、避妊の他にも子宮内膜や頚管粘液に対する作用があります。
ホルモンの量は避妊できるぎりぎりにまで抑えられているので低用量ピルといわれています。

ピルを長年服用している方の中にはそのせいで不妊になるのかと不安を持ってしまっている人もいますが、ピルを長年服用していたからといって不妊になってしまうということはありません。
逆にピルをのんでいると不妊の原因になりやすい子宮内膜症にかかる確率が低くなるため、不妊予防になるといわれているのです。
ピルは服用をやめれば自然に生理が回復して妊娠できるようになります。
生理が回復するようになるまでは個人差がありますが、大体服用をやめてから3か月ほどで生理が再開したという方が多いです。
ピルを初めて服用する場合は慣れるまで軽い吐き気などを感じることがありますが、それも自然とおさまってくるのでほとんどの場合は問題ありません。
ピルを処方される前には医師の診断を必ず受けますので自分の体にあったものを出してもらうことができるのです。

▼アフターピルについてはこちら
アイピル