トリキュラーの中止や再開について

避妊の目的でトリキュラーを服用することが多いですが、妊娠をしたくなった時や経済的な事情、日程の都合や飲み忘れというようないろんな理由で一旦中止にせざるを得ない場合もあります。処方してもらう時にはきちんと正しく服用を続けるようにと指導が入りますので、勝手に中止をして良いのかどうか迷う事もあるでしょう。

一般的には中止をする事自体は特に問題がありません。服用をやめるとその次の日ぐらいには消退出血と呼ばれる生理のようなものが来ます。避妊を続けたいのであれば、コンドーム等のほかの手段を利用する事になりますので注意をしましょう。次の生理がいつ来るかに関しては、ピルで整えていたホルモンバランスが徐々に自分自身でホルモンを整えるようにしていくので、普通に一ヵ月後にくる人もあれば、数ヶ月かかる場合もあります。もしも中止後に生理がなかなか来ないようであれば病院を受診しましょう。

そして、トリキュラーを再開したくなった時ですが、月経初日に一錠目から飲み始めていきましょう。ずれてしまった場合には1シート目は念のため他の避妊方法を併用した方が安心です。再開をする時にはシートの準備や飲む時間なども事前に決めておくと、継続していきやすくなります。何ヶ月かの期間をあけないと再開できないのかという事も心配されますが、そういう事はないので安心して下さい。シートを無駄にしないためには、月経初日に忘れず開始するということだけは忘れないようにしましょう。

以前はトリキュラーも病院での処方はかなりしたものですが、今は大体安ければ1シート2~3000円ほどで手に入ります。ピルを使うことに対しても肯定的な場面が増えていますから、女性が望まない妊娠から自分自身を守るためにも必要な時に活用をしていきましょう。