薬通販で購入したトリキュラーとカンジダ

トリキュラーは低用量ピルの一種で一般的には婦人科などで処方される薬なのですが、薬通販などでも購入することができます。トリキュラーを服用することで女性ホルモンのバランスが変化するので、今までかかったことのない病気などになるリスクがあるのですが、トリキュラーは低用量ピルなので副作用はあまりありません。しかし膣内が乾燥してしまったり、炎症を起こしやすくなるので、カンジダに感染することもあります。カンジダに関しては性感染症と間違われることもあるのですが、実際には体調が悪くなったりすると免疫力が低下して膣内にカンジダ菌が繁殖することが多いので、一般的なドラッグストアなどで薬を手に入れることができます。薬通販で手に入れた場合には服用方法をしっかりと把握してから飲み始めることが大切で、生理の初日から飲み始めて、21日間継続して服用しないと避妊効果が発揮できません。飲み忘れが合った場合には1週間後に飲み始めることになりますが、男性には2週間程度コンドームの装着をさせないと妊娠する可能性があります。薬通販で購入する場合には医療費がかからないので、薬の購入がしやすいのですが、トリキュラーなどの低用量ピルには血栓症のリスクが高まるという副作用があるので、水分を十分に摂取したり、タバコを吸わないようにするなどの対処が必要になります。また自分の判断で服用を中止してしまうと副作用のリスクが急激に上昇してしまうので、必ず医師や薬剤師の指導に従って中止しなければなりません。カンジダが起きやすい場合には膣内を清潔にすることが大切なのですが、食生活などにも気を付けて免疫力を高める生活をしなければなりません。頻繁にカンジダになる場合には医療機関で抗真菌薬を処方してもらうと数週間で完治します。